ブログトップ

らりゅぬ

laluneowne.exblog.jp

IGUNE

カテゴリ:よもやま話( 6 )

b0136775_23273434.jpg
こんばんは。
今日も暑いですね。

らりゅぬ システム情報部
主任のTTです。

本日はらりゅぬネットワーク
接続障害のため
桜社長が休まず更新してた
恒例のブログが
更新できませんでした。

ということで
午後から急遽呼び出されて
トラブル対応。
幸い閉店前に直りました...

そんなわけで
代理ブログです。

ご褒美に仔羊のトマトソース煮
頂きました。



はは~~ん



ラムの独特の旨味と
どこまでも柔らかい歯ごたえに
心地よいトマト味...
この夏一番の味でした。

お店随一の
ご意見番お二人の
お話をBGMに
美味しくいただきました。


またPCトラブルよろしくです(笑)



らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F

TEL: 03-3430-7897
平日   18:00〜26:00(L.O:25:00)
祝祭日 18:00〜21:30(L.O:22:00) **定休日・・・木曜日**

※ランチも元気に営業中!
 営業日・・・・・毎週土曜日・日曜日
 営業時間・・・12:00〜13:30(ラストオーダー)
 

(HomePageはこちら)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2013-08-06 23:28 | よもやま話 | Comments(0)
b0136775_17473422.jpg


キビレキントキ。

名前の通り胸鰭が黄色い色をしたキントキダイです。
やや深海性の魚で、主に釣漁によって水揚げされます。

小さい鱗で覆われており、またその鱗が硬い魚で、
加熱して食べる場合は、鱗をつけたまま調理し、
食べる時に皮ごとはがして食べたりもします。

キントキダイの仲間は、基本的に白身の非常に美味しい魚が
多いですが、本種も白身の非常に美味しい魚で、
刺身にして非常に美味しく食べられます。



らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL/FAX: 03-3430-7897
18:00〜24:00(L.O:23:00)
(HomePageはこちら)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2009-05-04 17:51 | よもやま話 | Comments(0)
b0136775_177234.jpg


今回は希少な魚”時知らず”入荷!

獲れる時期が秋ではない時季はずれの鮭だ、という意味での「時知らず」。
たまたま回遊中に近くへ訪れたものですから、わずかな漁獲です。
量販店などにはまず絶対に出まわりません。
その時知らず、なぜ珍重されるのでしょうか?
それは産卵期でないため筋子や白子がなく、そのぶん脂ののりに優れているからなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『時鮭』のマリネ ¥1,380

骨付き『時鮭』の燻製仕立てサラダ添え ¥1,800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL/FAX: 03-3430-7897
18:00〜24:00(L.O:23:00)
(HomePageはこちら)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2009-05-02 17:11 | よもやま話 | Comments(0)
新登場のお魚”ひらすずき”

本来高級魚として有名なお魚。
漢字では「平鱸」です。
刺身/塩焼き/ムニエル他用途は多様なお魚。
本来、市場には入荷はほとんどななかったものが、近年増加の傾向にあり、
これは養殖されていることや、海の温暖化の影響で漁獲量が増えているため。

身質はスズキとははっきり違い、スズキには川魚のような匂い香りがあるのに比べ
本種には皆無。どこかイサキやコイチ(ニベ科)に似ています。
この刺身の味わいは抜群で食感もよく、旨味も充分、後味に甘味が残ります。

参考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生息環境:
外洋に面した荒磯に生息するとされ、特に海が荒れ、波が岩にぶつかって砕けて白く
泡だっている場所(釣り人用語で“サラシ”と呼ばれる場所)を採餌場として利用することが
知られている。しかし、産卵はおろか、基本的な生態情報すらよくわかっていない謎多き
種である。基本的に海水魚だが、幼魚に限って、稀に河川河口域でも採捕されることがある。

その他:
なかなか手に入らないこともあってか、スズキよりも高級魚として扱われることが多い。
料亭などでないとお目にかかれないような魚である。


b0136775_174251.jpg
b0136775_1742874.jpg


らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL/FAX: 03-3430-7897
18:00〜24:00(L.O:23:00)
(HomePageはこちら)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2009-03-23 17:16 | よもやま話 | Comments(0)
b0136775_17355362.jpg
b0136775_1736278.jpg


先日入荷のおさかな。
その名はローニン鯵。
市場で流通することは希なお魚で南日本・インド・太平洋・東部太平洋・内湾やサンゴ礁などの沿岸に生息するお魚です。最大では大きさが1メートルを超えるものも。。
漢字では「浪人鰺」。
 本種は味のいい魚ですが漁獲量は少なく流通にのることは少ないのでむしろ釣好きに好まれるお魚。
本種をはじめギンガメアジ属の魚は刺身(生で)に塩焼きにと、用途の広い食用魚です。
とくに寒くなってからの刺身は上々です。

らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL/FAX: 03-3430-7897
18:00〜24:00(L.O:23:00)
(HomePageはこちら)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2009-03-10 17:44 | よもやま話 | Comments(0)
本日は久々にお魚の”よもやま話”を。

ら りゅぬ にも時折入荷します”セイメイアジ”。
おしりの”あじ”はもちろん”鯵”。
頭の”せいめい”はムロアジの体長30cm以上のものをセイメイと呼ぶ そうです。
「あじは味に通ず」と言われるように味の良さにおいては魚の中でも絶品。
栄養成分として、良質のたんぱく質が豊富で高度不飽和脂肪酸であるEPA、DHAを多量に含みます。この脂肪酸は血中コレステロールを下げ、動脈硬化や脳卒中、心臓病、高血圧などを予防する効果が期待できます。
また、微生物の繁殖した発酵液に漬けて作られる「くさや」は発酵によってビタミンB群の含有量がアップするため心身疲労、倦怠感、食欲不振といった症状改善の効果が期待できます。



セイメイアジ::::::::
スズキ目アジ科
:Trachurus japonicus

b0136775_18443289.jpg


-生息地-
太平洋、大西洋の熱帯-温帯にかけて
広く分布、東シナ海、日本海にも多い
3-9月の産卵期に、浅い海に移動するが
普通は沖の根の上に定着していることが多い

-近似種-
・アオアジ(旬:夏)
・ムロアジ(旬:夏)・・・体長30cm以上のものをセイメイと呼ぶ
・オアカムロアジ(旬:秋-冬)・・・尾びれが赤い、成魚は体長40cm位
・モロアジ(旬:夏-秋)

釣りのシーズンは、主に6-11月




らりゅぬ
201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-13ハイムS&N1F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEL/FAX: 03-3430-7897
18:00〜24:00(L.O:23:00)
(HomePageはこちら)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by laluneowner | 2009-02-06 19:04 | よもやま話 | Comments(0)